2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.04 (Sat)

ちょっとだけウズベキスタン ・その9。

8月の4日から10日間、ウズベキスタンへ旅行に行ってきました。
その時の事をちょこっとだけお見せしたいと思います。
またまた長いです。ごめんなさい。

ちょっとだけウズベキスタン ・その1その2その3その4その5
その6その7その8の続きです。


8月11日。ヒヴァの観光。
博物館都市 イチャン・カラの街歩きの続きで~す。

イチャン・カラの観光。

職人通りを歩くと、絨毯の工房がありました。

絨毯工房。

部屋の中では女性が絨毯を織っていました~。

織り中。

そして、レストランでの今日のお昼ゴハンは・・・

乾きものいっぱ~い!

あ。ピーナッツがいっぱい~。

ナス料理~!

ウズベキスタンってナスのお料理が結構でるなぁ~って思います。
そしてそしてメインは・・・

シュヴィット・オシュ。

シュヴィット・オシュ。
香草を練り込んだ麺です。
カスピ海ヨーグルトを載せて食べま~す!
ヌードルにヨーグルト!?って思ったのですが、
試してみると意外と合って美味しくなりました~!

丸い屋根~!

レストランを出ると目の前に可愛い建物が。
本当にどこもかしこも楽しいです。

窓?入口?

それでは観光を続けま~す。

アラクリ・ハーン・メドレセ。

東門の隣にあるアラクリ・ハーン・メドレセです。
近くには、キャラバンサライもあったのですが・・

キャラバンサライだったのに・・・。
(出入り口を撮り忘れました・・)

今は、屋内バザール(スーパーマーケット)になっていま~す!

キャラバンサライの跡・1

色々売っています~!

キャラバンサライの跡・2

ケーキも!

キャラバンサライの跡・3

お菓子も!

キャラバンサライの跡・4

電話も・・?

キャラバンサライの跡・5

造花も~!
なかなか楽しいバザールを満喫して次に向かったのは・・・

タシュ・ハウリ宮殿。(正妻の部屋)

タシュ・ハウリ宮殿です。
とても豪華な宮殿!ここはハーンの部屋と正妻4人それぞれの部屋、そしてハーレムがあります。
ちなみにコチラ↑は正妻の部屋。

全体は・・・

ハーレムもあります!
ハーンと正妻の部屋(4人分・4部屋)の向かいの2階がハーレムです。163もの部屋が!!
それでは、2階のハーレムへ行ってみま~す。

ハーレムから見ると・・・。

う~ん。なかなか・・。
女の戦いとかあったのかなぁ・・。
ちなみに屋根がちょっと高い端っこの部屋がハーンの部屋です。

柱も素敵。

こちらの宮殿はタイルの装飾も綺麗ですが、柱もとっても綺麗でした~!
宮殿の中には他にも、お客を招いた場所や執務室などがありました。
宮殿を後にして次に向かったのは・・
あ!

かわいいな~っと思ったら!

可愛い建物!
な~んて思っていたら・・・

泊ったお部屋はここだった!!

泊ったホテルのすぐ近くでした!!
しかも、部屋はココ!!
目の前にあるのは・・・

イスラム・ホジャ・メドレセとミナレット!

泊った部屋からも見えたミナレット!(とイスラム・ホジャ・メドレセ)
ヒヴァで1番高いミナレットです!!
そしてやっぱり・・
自由時間に登っちゃいました。
まずは外階段から登りま~す!
そして中に入るとミナレットの階段が・・・

登るぞ~!お~!!

階段の1段が結構高い・・。
そして、明かりの入る窓も小さいので、とっても暗い~!!
所々にしかないし・・・。

ミナレットの小さい窓。

ちなみにミナレットの階段は118段でした~。
模様の付け方で高く見えるのです。(高さは45m)
1段が高い~!暗い~!
でも・・・

ミナレットの上から・・

てっぺんに着きました~!!
窓には鉄格子が。危ないですものね。
間から撮ると・・・

ミナレットからの眺め!

イチャン・カラの街が・・・。
とっても素敵!!

それでは、今日はここまで。
続きは「その10」に!
ここまで見て下さってありがとうございます。
また見ていただけると嬉しいです♪

ポチありがとうございます~♪


REXのお話じゃないのですが、よかったらポチッっとしていただけると嬉しいです。
更新の励みになります。ありがとうございます。

ついでにこちらも・・



こちらにもポチをしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト
23:50  |  ウズベキスタン旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いきなり屋内バザールww

ハーンがハーレムを持っていたのは知りませんでした。
っていうか昔の権力者はみんなそうか…
日本なら大奥だもんね。
血族を残すという大義名分のもと
やっぱり飽くなき欲なんでしょう。
そうでないリーダーもいたでしょうが。
これは人類不変の難問ですね。
ただ、女がひとりで生きられない時代は
こういう習慣は意味があったはずです。
権力をもつ男に囲われなければ生きられない。
いいか悪いかではなく、今もどこかで実在しているはず。
想像だけでは実感しにくいことも目の前で見れば
(リコさん、写真をありがとう。)
それが確信になりますね。

ミナレット。
ここから罪人は落とされたのね。
無実の人もいたのかなあ。
私は狭い階段が心臓あおるほど気持ち悪いですw

>イチャン・カラの街が・・・。とっても素敵!!

ほんと、きれいです。
青の都。
青のなかでも一番黄色味の強い青。
暑い青の都ですね。
torotoro | 2010年09月05日(日) 03:10 | URL | コメント編集

★torotoroさま

屋内バザール、なかなかでしょう!?ふふふ♪
ハーレムに何人も女性がいたのですね~。
しかも色々な地方の女性がいたそうです。(征服していった土地のとか・・)
本当、大奥ですよね。
幸せだったのか、それとも不幸だったのか・・。
たくさんの女性の姿をハーレムのテラスで想像してしまいました。
それにしても、ハーレムの女性の向かいに正妻4人の部屋があるなんて!
スト―リーを勝手に色々想像してしまいます。

torotoroさん、狭い階段が苦手なのですね。
このミナレットの階段はと~っても暗くて、もし1人だったら登れなかったと思います・・。
ミナレットって罪人を落としたりもしたのですが、お祈りの時間のお知らせに使うのが主だったそうです。
毎日、この階段を何回も!?って思うと・・・すごいなぁ~。

イチャン・カラは本当に素敵でした。面白いです!
変な表現ですが、わざわざ作ったかのような、、まるでテーマパークにすら思えるくらいです。
博物館都市と言われるのがわかります。
日本とあまりにも違う世界・・印象的な街でした。
リコ | 2010年09月05日(日) 21:14 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyoumoasitamorexto.blog94.fc2.com/tb.php/770-29506083

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。