2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.18 (Wed)

ちょっとだけウズベキスタン ・その2。

8月の4日から10日間、ウズベキスタンへ旅行に行ってきました。
その時の事をちょこっとだけお見せしたいと思います。

ちょっとだけウズベキスタン ・その1 の続きです。

8月6日。
今回、サマルカンドで泊ったのは「カミラ」というホテルでした。

サマルカンドで泊ったホテル~!

ホテルの朝食は、簡単なビュッフェとオムレツ。

8月6日の朝ゴハン~!

オムレツ・・

オムレツ白い~!

すごく白くてビックリ!
(本当に白身だけのオムレツかと思った・・)
多分、黄身が白っぽいからそう見えるだけ?みたいです。
ゴハンを食べたらさっそく観光で~す!
今日、最初に訪れたのは・・・

グル・エミル廟~!

グル・エミル廟。
ティムール(ティムール帝国を創った)とティムールの息子達が眠る霊廟です。
中はこんな風に・・。

内部の天井。

内部には金3㎏が使われています。すごい!

金が3㎏・・。

そして、こちらはお墓。

ティムールと息子・孫・教師のお墓。

少し奥の黒い石がティムールのお墓で周りは息子や孫・家庭教師のお墓です。
すぐ下に眠っているのではなく、お墓の位置の印でこの下3mのところに葬られています。
外に出て、脇にある地下への階段を下ると・・

地下のお土産物屋さん♪

お土産もの屋さん!
色々ある!楽しい~!こんな地下にお土産物屋さんがあるなんて。
それではバスに乗って次の観光へ・・

山盛り玉ねぎ。

途中、玉ねぎを運ぶロバさんに遭遇。頑張れ~!
バスを降りて歩くとサマルカンドナンを売っていましたよ~!

ナンはいかが~!?

そして着いたのは・・

ビビハニムモスク~!

こちらビビハニム・モスク。大きい!
ティムールによって建てられた大きなモスクです。
中庭はこんな感じ。

ビビハニムモスクの中庭。

大きすぎて完成後崩壊が進んでしまい廃墟になってしまったモスク。
まだまだ修復途中のようです・・。

ビビハニムモスク修復中。

ビビハニムモスクの隣にはバザールがあります~!

シャブ・バザール!

シャブ・バザールです。

シャブ・バザール・果物。

果物もたくさん売っていま~す!
綺麗に整備された区域と雑然とした区域がありました。

黄色のニンジン。

黄色のニンジンもありました。
サラダに使われたりしていましたよ~。

ナンがたくさん!

ナンもたくさん売っています~!
甘いお菓子を試食したり、押し売り(!?)されたり楽しかったです。
さんざん楽しんだ後は、お昼です!

民家レストランにてお昼!

この日のお昼は民家レストランでいただきました。

民家レストラン前菜。

サムサです。

民家レストラン・サムサ!

お肉の入ったサムサと野菜の入ったサムサ・ジャガイモが入ったサムサがありました。
美味しいですよ~!
野菜のは少し癖があったかも・・。
そしてマスタヴァ。

民家レストラン・マスタヴァ!

お米が入った家庭料理。トマト味のスープです。
次は、ホヌム。

民家レストラン・ホヌム~!

肉まんじゅうみたいな感じでした。お肉ギッシリ!
こちらもとっても美味しいです!
ただ、料理の量がとても多いです・・。
お昼の後は、レギスタン広場へ。

サマルカンドのレギスタン広場。

レギスタンとは「砂場・砂地」などの意味です。
向かって左がウルグベク・メドレセ。(メドレセとは神学校という意味です)
中央がティラカリ・メドレセ。
向かって右がシェルドル・メドレセ。
そしてここでは・・・

ミナレットに登ります!

あのミナレット(塔)に登ります!!
(モスクや宗教的な建物にはミナレットがあります)
希望者は別料金で登れるのです。もちろん希望!
まずは、警官に登る入口を開けてもらいます。

ミナレットの入り口の扉。

そしてしばらく階段を登ると・・

廃墟チックなミナレットへの道。

う~ん。なんだか廃墟チック・・。

転んではいけませ~ん。

何気に足元も怖いです。
手すりとかないので足が滑ったら落ちるかも~。
そんなエリアを過ぎると今度は階段。

階段グルグル。

ひたすら登りま~す!
頂上近くからは1人で登ります。(狭くて足元も危険なので!)
やっと外~!

ミナレットのてっぺんから!

私のイメージでは塔の窓から顔を出すのかと思っていたのですが・・
まさか屋根から首を出すとは!!
しかもなんだか普通の屋根!

ミナレットの屋根。

ちょっと意外!
そして軽く筋肉痛・・。
これで今日の予定されている観光は終了です。
ホテルについてお夕飯。

カミラのお夕飯。前菜。

前菜からすごいボリューム。
(スイカにハエが来るので、ハエとの戦いでした!)

カミラのお夕飯。ディムリャマ。

メインはディムリャマ。
野菜の煮込み料理です。癖のない味でとても食べやすいです。
そしてなんと!
ホテルのオーナーの妹さんが歌手をされているのですが、
たまたまこちらに戻ってらして、サービスで歌って下さることに!
外国にも歌いに行かれる歌手だそうです!

オーナーの妹さん。

衣装もなく音楽もないのでごめんなさい。とおっしゃっていましたが、
そんなの気にならないくらいとてもとても素敵でした!!
夜には、ライトアップされているグリ・アミール廟まで歩いて行きました~!

グリ・アミール廟。ライトアップ!

近いと思ったら30分はかかりました・・。ちょっと疲れたかも~!
昼間の筋肉痛がキツかった・・。
でも、綺麗だったので行って良かったです!!

それでは、今回はここまで・・。長くなってしまってごめんなさい。
ここまで見て下さってありがとうございます!!
続きは「その3」で。
また次も見ていただけると嬉しいです!

ポチありがとうございます~♪

↑ランキング参加していま~す♪
REXのお話じゃないのですが、よかったらポチッっとしていただけると嬉しいです。
更新の励みになります。ありがとうございます。

ついでにこちらも・・


↑こちらにも参加していま~す♪
こちらにもポチをしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト
23:03  |  ウズベキスタン旅行記  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ウズベキスタン(どうしても舌かみそう)レポート
面白かったです。

REX君の写真と同じ感じに書かれている文字、
リコさんの声がきこえてくる感じなの(^m^)

モスクのタイルの青い色が空のブルーとマッチして綺麗♪
からっとして空気感だからよくあうんでしょうね

テーブルに並べられたお料理も面白い!
キュウリとトマトがまるまるですけど・・・
あれってそのまま食べる・・・ですか?

ホエルのインテリアも面白ですねぇ
あの鳥のはく製と、トラ柄♪

ところで、ニュースではテロ組織とか武装グループとか
イスラム過激派・・・きこえてくる国が近くって
怖いイメージなんですけど
お写真をみるとそんな事もないんでしょうか。
ミナレット・・・の落ちそうなレンガを除き(^_^;)
あんちゃんママ | 2010年08月19日(木) 01:50 | URL | コメント編集

はじめまして、のくにぴゆうと申します。
訪問をありがとうございます。

ウズベキスタン。
聞いた事はあってもくらいでした。
とてもわかり易い観光案内みたいだった。
国によって食べ物に、こんなに差があるのかと、びっくり。

二ポチして帰ります。
ぴゆう | 2010年08月19日(木) 11:06 | URL | コメント編集

★写真

たくさんの写真を眺めているだけで自分も旅行している気分になれて、とっても楽しいです。
中には肉じゃがのような美味しそうな料理もあって是非食べてみたくなりました。
歌を歌ってる女性はいったい何を持っているんですか?
AKKO | 2010年08月19日(木) 15:23 | URL | コメント編集

★たくさんの写真♪

拝見するだけでも楽しいですv-343ウズベキスタンって果物v-378や野菜v-383がたくさんあるんですねv-353
メインディッシュのような前菜…v-405美味しそうですv-352

ミナレットの階段、ドキドキですねv-356

しかしライトアップされた廟、とっても綺麗ですv-354

koz | 2010年08月19日(木) 22:53 | URL | コメント編集

★あんちゃんママさま

楽しんでいただけてよかったです♪
異国にどっぷりな感じが伝わっていると嬉しいです。
一緒に旅行している気分になってもらえたらもっと嬉しいです!

テーブルのキュウリとトマトはそのまま食べるのです・・。
最初、見た時は結構不思議だったのですが、そのうち手にとってガブッっとやってしまいました♪
なんだかダイナミックな飾り(盛り付け?)ですよね~。

ウズベキスタンは危険じゃないですよ~。多分。
周りがスタンってつく国ばかりだから「危ないんじゃないの~?」ってよく言われました。
でも、ウズベキスタンは大丈夫だと思います♪
階段で足を踏み外さない限り・・・。ふふふ♪
リコ | 2010年08月19日(木) 23:37 | URL | コメント編集

★のくにぴゆうさま

はじめまして!コメント、ありがとうございます♪

ウズベキスタンを楽しんでいただけて良かったです!
私も行くまでは、漠然としたイメージだったのでどんな所だったかできるだけお伝えしたいと思っています♪
国によって食べ物も色々ですよね。(猫の国はどんな!?)
本当は味も詳しく伝えたいのですがなかなか難しいです~!
ただ、どれも美味しかったです!(お肉の癖がある時もありますけど・・)

2ポチ、ありがとうございます!励みになります。
ぜひまた、見に来てください♪
リコ | 2010年08月19日(木) 23:51 | URL | コメント編集

★AKKOさま

一緒に旅行している気分♪そんな風になっていると嬉しいです。
実はREXのブログの時も一緒にREXと暮らしている気分になって欲しいなぁって思っているのです♪
まだまだウズベキスタンが続いちゃうので楽しんでいただきたいで~す!
料理の味ももっとちゃんと書ければいいのですがなかなか難しいです・・。
肉じゃがっぽかったのですが、この後もっと肉じゃがっぽい料理が出てきました~!
全体的に日本人には食べやすい味でした♪
(お肉ばかりなんですけど・・)
歌手の方が持っているのは、名前を聞きそびれてしまいましたが、タンバリンみたいな太鼓でした。
指先で叩くようにして使っていました~!
リコ | 2010年08月19日(木) 23:59 | URL | コメント編集

★kozさま

見慣れた、そして食べ慣れた野菜がたくさんでした~♪
毎回必ず出たのは、トマト・キュウリ・ナスといった風です。
後は、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎ・キャベツ・・。
果物もスイカとメロンが多かったです♪
桃も良く取れるみたいで、桃の100%ジュースとかもありました。

ミナレットの階段は登りにくかったですよ~。
意外と1段が高かったりして・・。
この後のブログで予想がつくかもしれないのですが、登れる所があるとついつい登ってしまう性格なのでまだまだ色々登ります・・。ふふふ♪

ライトアップされた廟、見れて良かったです♪
でも、遠かった・・。
リコ | 2010年08月20日(金) 00:04 | URL | コメント編集

ティムール。

これだけ聞くと、すぐに思い出すのが
超有名オペラ"トゥーランドット"の
”王子カラフ"がティムールの息子という設定ですね。
あとヘンデルのオペラ"タメルラーノ"は"Taymūr”のこと。

あ、すみません。私、オペラ好きなんです。
ちょっと思い出しちゃって。

これが同一のものかどうか、
プッチーニとヘンデルに聞かないとわかりませんが、
アジアを想像しながら作曲したのかな
などと、考えながら聞くとおもしろいです。

気付かせてくれてありがとう、リコさん。
torotoro | 2010年08月20日(金) 01:26 | URL | コメント編集

★torotoroさま

torotoroさんはオペラが好きなのですか?
トゥーランドットのお話を改めて調べてみました。
(なんとなくしかあらずじとかを知らなかったので・・)
オリエントなイメージといいアジアの話である事といい、影響を受けていそうですよね!
実際に見て受ける印象はどんなだろう・・。衣装とか気になります。
タメルラーノは恥ずかしながら知らないオペラなので調べてみました。
オペラのお話って面白いですね。
色々知らない事を知る事ができて良かったです!
こちらこそありがとうございます♪
リコ | 2010年08月20日(金) 22:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyoumoasitamorexto.blog94.fc2.com/tb.php/754-824094b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。